瞑想の目的を勘違いするとうまくいかない

Share on Facebook
Share on LinkedIn

自分の思考パターンにどれくらい気づいている?

 

 

人は、1日6万個以上の思考をしている
と言われます
そして、その
9割が繰り返し
同じことを考えているそうです

 

 

 

瞑想で自分の心を客観視することで
無意識にくりかえしている
”思考パターン”に気づきやすくなり、

 

 

 

自ら自分の状態をコントロール
しやすくなります

 

 

 

ギリシャの哲学者エピクロスは
『人は物事によってではなく、
それらについての
自らの考え方によって苦しむ』

とおっしゃりました

 

 

 

出来事そのものは中立であり
自分がどう考えたか、
どう解釈したのか、によって

 

 

 

こころの状態は大きく変化する
ということですね
 

 

 

そして、その自分の思考、感情に
気づき、受け入れるための方法として
瞑想はオススメです

 

 

 


 

 

 

勘違いすると瞑想はうまくいかない

 

 

そして、ここで勘違いしやすいことは
瞑想の目的は”無”になる事では
ありません

 

 

そして、”無”とは、
何も考えていない状態でもありません
 

 

 

全く何も考えていない状態ではなく
考えにとらわれていない状態、です

 

 

何も考えないのが
良い瞑想でもなく、
すっと考え続けている状態が
悪い瞑想でもありません

 

 

 

瞑想で雑念が浮かんでも、
心が空っぽにならなくてもいい

 

 

 

大切なのは、
『内側で起こっていることを
ありのままに観察すること』

 

 


そして、それによって一つの思考に
とらわれている自分がいたら
その自分に
気づくことが大切です

 

 

気づいて戻すたびに、
心の筋力が鍛えられてきます

 

 

 

瞑想を始めようと試みた時、多くの方が陥る状況

 

 

瞑想の方法として
一つの対象物をじっとみつめる、
というものがあります

 

 

そして、その瞑想を始めようと試みた時
多くの方がこのような状態になると

紹介されています(ヨガ経典より)

 

 

 

◯◯◯◯◯◯◯

 

 

 

瞑想をしようと
バラの花を見ていると、

心はそれを離れて
どこか別のところへ行こうとする。

 

 

 

始めたと思ったらすぐにそれは
『ああ、そうだ、去年の私の誕生日に、
彼女がこんなバラの花を
私に贈ってくれたっけ。。』

 

 

 

そうではないだろうか?

 

 

 

そしてバラの花は
もうどこかに行ってしまって、

代わりに”彼女”がそこに座っている。

 

 


そして次には、
その後わたしたちは夕食に出かけた。

 

 


『ああ、すてきな食事だったな。。。

それから映画を見に行った。
何の映画だったっけ?
「キング・コング」だったかな。。。?』

 

 

 

バラの花からキング・コングへ
いくまでに

 

 

 

いや、2分もかからないかもしれない
そうすると、いまあなたは
何に瞑想していることになるのか?

 

 

 

バラではなく、キングコングに、だ。
こころとはそういうものである

 

 

 

そして、ここで大事なのは
決してあきらめない事である

 


 

『わたしは瞑想にむいてない』
それは多くの方が犯す最大の誤りである

 

 

座って目を閉じたらすぐに
何もかも上手くいく

と思っているから、

 

 

 

心があちこちに動きまわり始めると
”瞑想なんて性に合わない”
という

 

 


それは、違う

それはピアノの練習や
ギターを弾くときや、
料理のようなものなのだ

 

 

 

何でもそう簡単に出来るようには
ならない

 

 

自転車の乗り方を覚えた時、
あなたは何回転んだか?

 

 

だから試み続けよう
粘り強く

 

 

 

『修習は、長い間、休みなく、
大いなる真剣をもって励まれるならば、

堅固な基礎を持つ事が出来る』

 

 

 

それをしていくこと自体が
集中と呼ばれるものである

 

 

 

心が走る、引き戻す、
また走る、また引き戻す

ーこの作業そのものが

 

 

 

あなたは猿を飼いならしているのだ

 

 

 

一旦飼いならされてしまったら、
それはちゃんと言う事を聞くようにする

 

 

”よし、ここでじっとしていろ”
そういえばちゃんとそうしている

 

 


そのときあなたは瞑想している

 

 

それまでは瞑想するように
自分
自身をしつけているのだ

 

 

 

瞑想出来るように心を訓練することが、
いうところの集中(ダーラナ)である

 

 

 

瞑想は、集中の極点である

 

 

 

◯◯◯◯◯◯◯

 

 

瞑想をしようとしてる
プロセスそのものが大切であり
その先に瞑想があるいうことですね

 

 

瞑想が深まってくると
睡眠が短時間ですむようになると
いわれます

 

 

心身のストレスが一度リセットされ
余計な雑念にとらわれない為
一気に深い睡眠に入れるんですね

 

 

 

これは、睡眠でいかに回復できるか
が重要なアスリートにとっても
大切だと思っています

 

 


私の場合、ランチした後、

猛烈におそってくる睡魔を
何とかしたいのですが(笑)

 

 

 

あなたがもし、
瞑想に興味をもってらっしゃるならば

 

 

 

まずは、座って目を閉じてみる
ところからはじめませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*メニュー

ブレイクスルーメンタルセッション

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ

アスリートヨガコーチングセミナー

ライフペイジズ認定コーチ&トレーナーコース