意図的にスランプから抜け出す方法

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

自らコントロールできることが大切

 

 

競技人生の中で
スランプに陥ることは
誰しもがあるかもしれません

 

 

そして、そんなときの為にも
意図的にスランプから
抜け出す方法を自分で把握

しておくことは大切だと思っています

 

 

その方法はいくつかありますが、

 

 

以前、スランプ気味だと仰った選手と
この流れで
スランプの状態から抜けだす方法
メンタルセッションで行いました

 

 

 

その方法は自分でもできるので
参考にしてみてくださいね

 

 

 

意図的にスランプから抜け出す方法

 

 

まず、
最高のプレー(フロー)を
している1場面をイメージ
します

 

 


 

 

そして
◼︎からだ
姿勢、表情、呼吸など

 

 

◼︎ことば
何が頭に流れてる?
何を信じてる?

 

 

◼︎意識
・視覚(何が見える?どうみえる?)
・聴覚(何が聞こえる?どう聞こえる?)
・体感覚(何を感じる?どう感じる?)

を繊細に感じます

 

 

 

②同じように
スランプの時の一場面もイメージし
上記の『からだ、ことば、意識』
を繊細に感じます

 

 

 

③ ①と②の違いを検証します
(最高のプレーをしている時
スランプの時の違い)

 

 

その時のセッションでは
その選手のイメージの中で

スランプとフローの状態
明確に違う部分がありました

 

 

 

それは、
プレー中に聴こえてくる

 

 

 

 

 

調子の悪い時のイメージでは全く無音
最高のプレーを発揮している時は
自分の動く音が聞こえ、
その音もテンポとリズムがある

 

 

 

この違いをしっかり把握し、
テンポとリズムを意識して
プレー
することで

 

 

 

スランプから調子の良い状態へ
自分を引き戻す
ことが
できるようになります

 

 

 

 

スランプに入っても自ら抜け出すことができることが大切

 

 

スランプに入ることを恐れるのではなく
スランプに入った時
自分で意識的に抜けられる
ことが大切

 

 

客観的に自分の状態が把握できると
“スランプに入ったらどうしよう”等の
不安も解消され、気にしすぎなくなります

 

 

 

 

そうすることで、本番でも
余計な思考を巡らせることなく
自分の力を発揮しやすく
なりますね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*メニュー

ブレイクスルーメンタルセッション

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ

アスリートヨガコーチングセミナー

ライフペイジズ認定コーチ&トレーナーコース