クルマアーサナ(真珠貝のポーズ)〜股関節、骨盤周りをほぐし、歪みを改善〜

Share on Facebook
Share on LinkedIn


クルマアーサナ(真珠貝・亀のポーズ)

 

 

 

 

アスリートにとって、歪みを改善することは、
パフォーマンスをアップするためにも
大事なことだと思っています。
そのことについて具体的な内容はこちら
→『左右の”歪み”が能力の発揮を妨げる

 

 

 

 

ポーズの効果
便秘、冷えの改善
股関節、骨盤のゆがみ改善と柔軟性アップ
腰痛予防

 

 

 

 

ポーズの流れ

①座って足の裏を合わせます。
合わせた足を前に出し、ひし形を作ります

 

 

 

 

 

②両手の平を上にして
ふくらはぎの下から腕をとおし、
両手で足の甲をつかみます

 

 

この時、
手をふくらはぎの下に通さなくても、
脛の上や床に置いておいてもよいです

 

 

 

 

 

 

 

③息を吐きながら前屈し、
頭と上体の重みに任せて貝殻のように
背中を丸めて、心を落ち着けます

 

 

おへそを見るようにしながら
呼吸を繰り返し、
脚の付け根の伸びに意識を向けてみましょう 

 

 

 

約5回ほど呼吸をし
息を吸いながら元の姿勢に戻ります

 

 

 

 

頭を休ませる効果もありますので
ゆったり落ち着きたい時にも
おすすめです☆( ^ ^ )/

 

 

 

 

 

スクリーンショット 2016-08-27 19.39.18

 

※毎月連載させていただいている
ジャパンタイムズST(英字新聞)さんの
ヨガコラム『Your Yoga』にも
今回の内容を掲載していただきました

 

 

 

 

 

 

 

出張ヨガKIKIYOGA主宰 喜多貴子

 

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ