困難な状況に直面している時こそ

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

 

『感謝は愛の架け橋』
といわれます

 

 

そして、脳は、同時に2つのことを
感じたり考えたりすることが
できないので

 

 

感謝している時、深い悲しみや
否定的な感情を抱く事は
できません

 

 

だからもし、
自分が困難な状況に
直面している
と感じる時があれば

 

 

次の3つを参考に感謝できるものを
見つけてみて下さい

 

 

①今までに人生で受け取ったものに感謝する
②今、人生で受け取っているものに感謝する
③人生に欲しいものに、あたかも既に
受け取ったかのよう感謝してみる

 

 

感謝は、人生の全てのものごとに
力を与えるだけでなく、
ネガティブなものを
取り去ります

 

 

 

そしてまた、自分に感謝することも
とらわれている思考や思い込み、
自己否定、罪悪感、悲しみなどを

そぎ落とし、取り去ってくれます

 

 

 

感謝の気持ちは、
否定的な感情から
愛の力を見いだす
架け橋になってくれます

 

 

スクリーンショット 2016-05-20 14.19.13

 

 

 

なにかをしてもらった時だけ
感謝するのではなく

 


より身近なひとや大事なひとへの
ありがとう、の言葉や

 

 

日々暮らせている状況や
すでにあるもの
”あたりまえ”と思えることに対して
感謝することで

 

 

否定的な感情を取り去り、
自分の愛を引き出す力
なってくれますね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*メニュー

ブレイクスルーメンタルセッション

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ

アスリートヨガコーチングセミナー

ライフペイジズ認定コーチ&トレーナーコース