調子が良いときこそ大事にしたいこと

Share on Facebook
Share on LinkedIn

無意識な思考パターンをコントロールする為に

 

 

ミスした際、うまくいかなった時
”なぜ、ダメだったんだろう”
”どうしてうまくいかなかったんだろう”
”あのとき、こうすればよかった”と、

 

 

意識は、
原因や出来ていないところ
向きがちです

 

 

これは、脳の仕組み上、
できていないところに意識が向きやすい
というのもありますが、

 

 


それは、これまでの思考パターンも
大きく影響し
そのほとんどが”無意識”
です
 

 


だからこそ、
そんな自分に気づき、受け入れた上で

”とはいえ、できているところは?”
”それで、どうなりたい?”

 

 

と自分に問いかけ
負のスパイラルを断ち切る
ことは大切
です

 

 

 

 

自分の状態をより早く軌道修正する為に

 

 

そして、更に大切なこと
結果を出せたとき
調子がよいとき

 

 

”なぜ、調子がよかったのか”
”どうして結果を出せたのか”

 

 

と自分に問いかけ、
”なぜできたのか”
の答え、エッセンスを
たくさん引き出すことです

 

 

 

 

その原因、理由をまとめ、
把握しておくことで
次の自分に活かせることはもちろん、

負のスパイラルに入ってしまったとき

 

 

どの部分を変えたら
いい状態になれるのか

 



自分でコントロールし、
より早く軌道修正
しやすくなります

 

 

 

そのために、調子が良かったときこそ
なぜ良かったのか”
自分に問いかけ、
答えをたくさん引き出してみて下さいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*メニュー

ブレイクスルーメンタルセッション

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ

アスリートヨガコーチングセミナー

ライフペイジズ認定コーチ&トレーナーコース