自分のミスで相手に点を取られた時の切り替え方法

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

いま、何を選択するか

 

 

 

『過去は関係ない
大切なのは
”これからどうしたいか”

 

 

”いま、あなたが何を選択し、
何を行動するかが幸福への鍵
なんです』

(アドラー心理学より)

 

 

 

例え
壁にぶつかるようなことが
あったとしても

 

 

”どうしてうまくいかないんだろう”
”なにがいけないんだろう”
『原因』に意識を向けるのではなく

 
 
 
 
”これから、どうしていきたいのか”
『目的』に意識を向けることで
 
 
 
 
自らの意思で自分を変える
ことができます
 
 
 
 
 
 
 

ネガティブな思考を断ち切る為に

 
 
例えば、チームスポーツで
自分のミスで相手に点を取られた場合
 
 
 
 

 

 

 

もっとこうすればよかった
またミスをしたらどうしよう
皆に迷惑をかけてしまった
など

 

 

人の脳は、
自動的に”マイナス思考
”うまくいかなかった
原因
いきやすくなります

 

 

 

そして、そこに意識が向くと
動きが更に鈍くなったり
ミスを連発したりします

 

 

その思考を断ち切るために
意識をプラス思考、

”目的”へ切り替えることが大切です

 

 

 

そのために
”(ほんとうは)どうなりたい?”
と自分に問いかけ
そのイメージを描くことで

 

 

 

そのためにいま、何をすべきか、
何が大切か、
を気づかせてくれます

 

 

 

 

このように自分の状態に気づき
問いかけ、イメージを描く

 

 

 

この繰り返しが、
自動的に発生するマイナス思考や
”うまくいかなかった原因”
から意識を
切り離し

 

 

 

”できる自分
”うまくいっている自分”
”活躍している自分”
をつくりだしてくれます

 

 

 

私は過去、自分のことをたくさん否定し
”できない自分”を責めてきたので

 

 

 

自分の思考パターンを切り離し、
意識的にコントロールすることが
必要でした

 

 

 

そして、思い描けば描くほど
意識が
切り替わりやすく
なります
 
 
 
 
 

なんども繰り返し行うことで、
いつの間にか思考パターン
思考の癖が
変わっていくと思います

 

 

 

その為に、常に自分の状態に気づきながら
”これから、どうしていきたいのか”

『目的』に意識を向ける。
自らコントロールにしてみてくださいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*メニュー

ブレイクスルーメンタルセッション

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ

アスリートヨガコーチングセミナー

ライフペイジズ認定コーチ&トレーナーコース