いつの間にか夢が叶うおすすめの方法

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

毎日1分でも
実現したイメージを描き
叶っている感情を味わう
ことはおすすめです

 

 

脳は妄想と現実、時間の区別が
ありません

 

 

何度も描くことで
脳は実現したものとみなし
それが『あたりまえ』
認識するようになると

 

 

余計なプレッシャーを
感じる事もなく
スムーズな行動へとも繋がります

 

 

ある東大生は、
”合格したい”と
思っていなかったそうです

 

 

『合格するのがあたり前』
と考えていたそうです

 

 

そのケースは、両親のどちらかが
東大卒の場合が多く

東大に合格した親が身近にいることで

 

 

脳は『東大合格』を
手の届かない理想
として捉えるのではなく

 

 

『自分も東大に合格するのは
あたり前』
と、自分の可能性を広げて脳が捉え、
容易にイメージがしやすくなるから

 

 


想像できないことは実現しない

と言われます

 

 

”〜になりたい!”
”がんばろう!”
”なんとしてでも!”
”〜になりますように!”

 


などと考えている時
脳は、叶っていない自分を
何度も意識
することになり

 

 

そのままの自分が現実化
します

 

 

とはいえ、無理に
”叶ってあたりまえ”
と思うには限界があり

 

 

こころのどこかで
『どうせ』
『やっぱり無理』
と考えているとき

 

 

気持ちも、行動も伴わない
のだろうと思います
 

 

だからこそ、何度も
『叶っている自分』をイメージし
気持ちを味わい、

 

 

 

無意識のレベルで思い込ませる
ことが大切☆

 

 

そして、段々と気持ちも、行動も伴い
いつの間にか叶っちゃった!
という引き寄せが起こるのだろうと
思います

 

 

 

 

 

 

 

*メニュー

ブレイクスルーメンタルセッション

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ

アスリートヨガコーチングセミナー

ライフペイジズ認定コーチ&トレーナーコース