結果から心が自由になることで、軽やかに動けるようになる

Share on Facebook
Share on LinkedIn

ヨガの動き中で、緊張と弛緩
がんばることゆだねること
のバランス、は大事にしています

 

 

これは行動においても同じです
目標に向かって

最大限の努力をし、
あとはゆだねる、天に任せる

 

 

努力は自分のコントロールできる
範囲だけれど
努力の結果がどうなるかは
天が決める領域
、というところですね

 

 

”一歩が踏み出せない”
という心の奥
には

 

 

失敗するかもしれない
やっても無駄になるかもしれない

 

 

と、行動する前に先の心配をし
結果にとらわれることで
行動できない、と
自分に制限をかけている
場合があります

 

 

ヨガの行うの中でも
大事にしている一つは
できる、できないにとらわれることなく

『やってみよう』です

 

 

 

 

やってみて失敗するもよし
うまく行くもよし!

 

 


やっみることで新たな発見があります
そこから学ぶことは多くあります

 

 

 

そして、すべての結果を想定内にし
心のブレ幅を最小限にする為

 

 

あらゆる全ての結果の
想定をしておくこと

も大切だと思っています

 

 

 

また、頑張らなかった時ほど
結果にしたり
結果
を求めてそこにとらわれたり
します

 

 

 

自分の出来る限りの事はやったから
あとはその結果を受け入れるだけ

という気持ちに自然になれた時

 

 

 

結果からの執着から自由になります

 

 

 

そして、まずは結果にとらわれず
やってみること
大事にしてみてくださいね

 

 

 

 

 

 

 

*メニュー

ブレイクスルーメンタルセッション

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ

アスリートヨガコーチングセミナー

ライフペイジズ認定コーチ&トレーナーコース