道を見失いそうになったった時、自分の道、本来の目的に向かってまっすぐ進むために大事なこと

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

自分の本当の想いを知るために

 

 

ヨガ(瞑想)とメンタルには
いくつか共通点があります

 


その一つは、

自分自身に問いかけること

 

 

そして2つ目は、どちらも
潜在意識にアプローチ
している、ことです

 

 

全体意識の90%以上と言われる
潜在意識を言い換えると、

『感覚』です

 

 

そして、
残りの10%以下の顕在意識は

自分で認識していること
『思考』
ともいえます

 

 

この顕在意識レベル(思考)で
ものごとを判断した場合

自分の経験や学んだことを
もとにしているので、

 

 

視野が狭く
もし、トラブルなどが起きた時
行きずまりやすくなります

 

 

メンタルもヨガも、
自分と向き合い
内側を観ていくプロセスであり
潜在意識に働きかけています

 

 

こうすべき、
こうしたほうがいいなど

 

 

はじめは、様々な情報や
損得のある判断基準、
偏った考えなどに
とらわれていたりしますが

 

 

自分の内側をじっくり観ていく
ことで、
そういっとらわれに気づき、
手放せたとき

 

 

自分の本当の想いや大切なこと
が、見えてきます
 

 

 

嵐の日の海には水面に大波や
砂が舞っていますが、

 

 


波がおさまり
水面がきれいで澄んだ状態の時、
はじめて海の底をみることができます

 

 

 

 

こまめに自分と向き合い
潜在意識の中をきれいに保ち

 

 

自分の本当の欲求に気づきながら
進んだ場合
方向性を間違うことはありません

 

 

 

 

本来の目的に向かってまっすぐ進むために

 

 

 

そのため1人でもできる
私のオススメの方法はこちら

 

 

静かに座り、
いま、ここにいる
自分を感じます

 

 

そして、頭の中で
”何かをすること”
”何かをしようとすること”
”がんばること”を手放し

 

 

なにかを”する”という意識から
ただそこに”いる”
という意識に
ゆだねていく
こと

 

 

すると、様々な思考に
とらわれていることに気づけ
手放すことができるようになります 

 

 

して、
潜在意識がきれいになり
純真無垢な本来の自分に戻った上で

自分に問いかけます

 

 

(ほんとうは)
どうなりたい?

 

 

その問いの答えは、
思考だけでなく
感覚(潜在意識)も
協力してくれているため

 


心の底からの本当の想いです

 

 

そして、もう一つ、
問いかけてみてください

 

 

『そのために
いまからできることは
どんなことだろう?』

 

 

その問いから出てきた行動を
実践することで

 

 

様々な情報や
損得のある判断基準、
偏った考えなどに
振り回されることなく

 

 

行きたい方向へと進むことが
できます

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

様々な思考にがんじがらめになって、
どこに行きたいのか見失いがちな時は

 

 

 

まず、何かを”する”という意識から
ただそこに”いる” という意識に
ゆだねていき、

 

 


余計な思考を手放し
本来の自分に戻った上で

 

 

 

・(ほんとうは)どうなりたい?
・(そのために)いまから
できることはどんなこと?

 

 

2つの質問を自分に
問いかけてみてくださいね

 

 

 

 

 

 

 

*メニュー

ブレイクスルーメンタルセッション

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ

アスリートヨガコーチングセミナー

ライフペイジズ認定コーチ&トレーナーコース