自信の先にあるもう一つの大きな力とは?〜マインドフルネス瞑想〜

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

『自信』には2種類あります

 

 

ひとつは、
無条件に自分を信じる自信

 

 

もうひとつは、苦労したり、もがいたり
それを打開しようと努力したり
している間に

自然と沸き起こってくる自信

 

 

そして、
その2つの自信を持って進んだ先

能力や理論を超えた絶対的なも

 

 

全てを包み込む大きな力と
自分が繋がっている感覚

が、あります

 

 

このとき心は、
ちょっとのことではぐらつかず

 

 

全てを受け入れ
ただそのままを活かす
という
心が澄みきった状態、です

 

 

 

 

何かを求めることなく
願うことなく

 

 

ただ、そこにいて
喜び、
感謝し
敬い、
行う

 

 

過去、未来にとらわれることなく
瞬間瞬間にそこにいて、
大きな力と繋がっている感覚

 

 

このとき心身は自然に反応し
目の前の状況に集中している
状態
です

 

 

 

この感覚は、
本番でパフォーマンスを発揮する
上でも大切だと思っています

 

 

『私は~ができる』
『私は〜をする』を一旦手放し
 

 

 

『それをするのは、あなたです』
(万物・宇宙に任せている状態)
という感覚が
自然と沸き起こっているとき

 

 

 

余計な緊張、こわばりがなく、
無意識に体が反応しやすい状態
になっています

 

 

 

その感覚を普段の生活の中で
培うためにおすすなことがこちら

 

 

1.安定している場所に座り、目を閉じる
リラックスする音楽に耳を澄ませたり、ゆったり呼吸を感じながら、一つの感覚に身を委ねる

 

 

2.自分と空間を溶け合わせ
絶対的なものに守られている感覚を感じる

 

 

これも筋力と同じように
なんども繰り返すことで
培われる感覚だと思っています

 

 

*ヨガや瞑想は、この感覚を培うための
練習でもあります

 

 

 

そして、大事な本番前にも
心が澄みきった状態を
自ら選べるよう

 

 

普段の生活の中でも
感じてみてくださいね

 

 

 

 

 

 

 

*メニュー

ブレイクスルーメンタルセッション

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ

アスリートヨガコーチングセミナー

ライフペイジズ認定コーチ&トレーナーコース