自分の心と体を解決するのは自分自身

Share on Facebook
Share on LinkedIn


自分の心と体を
解決するのは
自分自身

を変えれば体が変わる』
というヨガの大事な教えがあります
 

 

昔のヨガ道場には、
様々な病気や怪我で痛がっている人が
全国からたくさんいらっしゃった
ようですが

 

『私は10万人に一人の難病です』
という人が道場に来ても特別扱いせず
とにかく人事を尽くせ!全力投球だ!と

 

 

『病人扱いしない』というのが
道場のモットーだったようです

 

 

こんなお話があります
ある時ヨガ道場に、付き添いの人に
引きずられるように連れてこられた
リウマチ患者の方がいました

 

 

すると、先生はその人に対して
『あの山で待ってろ!
俺が痛い目に遭わせてやる!』
と言ったら

 

 

その方は震え上がって、
慌ててご自分の足で歩いて
帰られたそうです

 

 

その先生は、
演出をしてその方を追い詰めて
本来の歩ける力を発揮できるように
導いたのですね

 


追い込んで、追い込んで
その人の持っている能力を
発揮させたり
大事なものに気づかせたりする

 


自分の心が病人だと思えば
病人になり、
健康だと思ば、健康の人として
行動し、体も変わります

 

 

私はこの言葉を言い換えると
自分の心と体を喜ばすには、
どうしたら良いかを
自ら見出し、選んでいくもの
と思っています

 

 

自分の状態がわからない
自分がよくわからないでは
困りますし、どうにもなりません

 

 

 

 

『自分の心と体を解決するのは
自分自身

心を変えれば体が変わる』

 

 

まず、自分の呼吸や姿勢、思考や感覚に
気づきながら

自分でより良い状態を選んで
いきたいですね

 

 

 

 

 

 

 

*メニュー

ブレイクスルーメンタルセッション

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ

アスリートヨガコーチングセミナー

ライフペイジズ認定コーチ&トレーナーコース