パフォーマンスアップや理想の動き、気持ちを促す為に

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

様々な動作やスポーツをする上で
どんな状況、姿勢であっても

 

 

呼吸が楽で整っていれば
気分良く自然な感覚、反応
動く事ができます

 

 

これは、ヨガのポーズを取る上でも
大切にしています

 

 

ヨガ哲学の本はとっても分厚いのですが
ヨガのポーズに関しては、
たった1行しか書いてありません

 

 

それがこちら
『ヨガのポーズは、

快適安定しているものである』

 

 

ヨガのポーズの目的
ひねったり、反ったり、
逆さになったり、バランスをとったり
様々な動きの中で

 

 

 

どんな状態、状況においても
『快適』と『安定』を感じるには
どうしたらよいか

  

 

呼吸を楽にできるようにするには
どうしたらよいか
 

 

 

最善を尽くしながら
自分の状態に気づき、
どう自分の状態をコントロールしていくか

 

 

を探求していくものです

 

 

そして、ヨガがポーズそのものよりも
呼吸を大事にする理由

 

 

 

呼吸が整っていない限り
様々な動き(ポーズ)の
『快適』と『安定』に
促す事ができないからです

 

 

もう少し具体的に
呼吸の効果をお伝えすれば

 

 

深く心地よい呼吸をすることで
気持ちが落ち着き
脈がゆったり打つようになり、
血圧も下がります

 

 

血圧や内臓の働きなどは意識的に
コントロールできませんが

 

 

呼吸をコントロールすることで
気持ちはもちろん、
内臓の働きや血圧までも
理想の状態へ促す
事ができます

 

 

そして
丹田を意識した呼吸をすることで
下腹部に力が入り、

 

 

 

 

 

上半身の力が抜け
気持ちを落ち着かせる
事ができます

(上半身の力が抜けることで
より呼吸がしやすくなります)

 

 

パフォーマンスをアップする事は
もちろん、
どんな動きや状況においても
理想の動き、気持ちをつくる上でも
 

 

 

丹田を意識した呼吸も
意識しておきたいですね

 

 

 

 

 

 

 

*メニュー

ブレイクスルーメンタルセッション

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ

アスリートヨガコーチングセミナー

ライフペイジズ認定コーチ&トレーナーコース