集中力をアップさせ、 心身を落ち着かせるポーズ(木のポーズ)

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

丹田を常時正しく保つことが
正しい姿勢の基本であって、
パフォーマンス発揮する上でも
美しいからだの動きの基本にもなります

 

 
 
 
そのために大事なことの1つ
『重心』です
 

 
 

 

そして、その重心を正しく保つ
練習方法がこちら
”片足で立つ”

 

 

片足で立つことで
脚の内側に力が入る
ので

姿勢が正しくなり、
(自然と丹田に1番力がこもる姿勢)

 


上半身の力が抜け、
心身は安定し、
意識も鮮明にめざめ
きます

 

パフォーマンスを発揮する上でも
重心のかけ方は大切ですね

 
 
 
本日は、
そのための代表的なのポーズを
ご紹介します
 
 
 
(木のポーズ:ヴィリクシャアーサナ)

 

 

このポーズは、重心を安定させるほか
集中力アップ
足を鍛え、頭や内臓の血行を
促進する効果
があります

 

 
〜ポーズの流れ〜
 

 

①安定した場所に立ち、
ゆっくり重心を右足の方へ移します

 

②つま先をを下に向けたまま、
左足の裏を右腿の内側の付け根に当てます
 

 

おしりの穴(女性は膣でも◎)を締め
尾骨を大地の方へ引き下げます
背骨を空に向かってに伸ばします

両手を胸の前で合掌。
 

 
 
 
 
 
③息を吸いながら両手を上に伸ばします
視線は遠くを見据え、5回深い呼吸
 
 
 
④5回呼吸を終えたら
吸いながら両手を胸まで下ろし、
吐きながら足を大地へ下ろします
 
 
 
※反対足も同様に行います
 
 
 
 
このポーズ中
両足の内腿同士を近づけるように
すると安定
します
 
 
 
また、曲げた足はふくらはぎの横か
床につま先が付いた状態にすると
バランスがとりやすくなります
 
 

 

パフォーマンス発揮の
重心を正しく保つために
心身を落ち着かせる為にも
活用していただけるとうれしいです

 

 
*(追伸)今回のポーズは、
毎月連載させて頂いている
ジャパンタイムズSP(英字新聞)さんの
ヨガコラムにも掲載させて頂きました
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

*メニュー

ブレイクスルーメンタルセッション

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ

アスリートヨガコーチングセミナー

ライフペイジズ認定コーチ&トレーナーコース

 

 

出張ヨガKIKIYOGA主宰 喜多貴子