大事な場面で頭の回転を良くする為におすすめな方法

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

ひらめきやアイデアが浮かぶ時は
大抵、心身がくつろいでいます

 

 

大事な場面や試験、お仕事等において
呼吸が浅くなると頭の血行が滞り、
頭の働きが鈍くなります

 

 

 

逆に、呼吸がくつろいでいる時
頭の血行も良くなるため
様々なひらめきやアイデアが
浮かんだりします

 

 

緊張やストレスはまず
首の筋肉にきます
そして、首が固まると肩が凝り、
頭の血行が滞り、目が霞んだりします

 

 

 

余談ですが、
足と首の血行は連動している為

緊張すると貧乏ゆすりをする方は

 

 

 

無意識に足をゆすり
首や頭の緊張を溶かしています
 

 

 

そしてもし、大事な場面で緊張し、
頭に血が上ったり
脳が興奮し始めて働きが鈍ってきたら
おすすめの方法があります

 

 

 

準備はいいですか?
実際に行ってみてくださいね

 

 

 

①まず、一度口をぽか〜んと開け
アホヅラになって全身の力を抜きます

(全身弛緩法)

 

 

 

②そこから、
下腹部に力がこもるように顎を引き
ふ〜とゆっくり息を吐きながら
下腹部を引き寄せます

 

 

 

ふ〜と長く息を吐くことで
深く、長く、整った呼吸が、
心身をリラックスさせます

 

 

 

すると、首の緊張が解け
頭の血行を良くする為
頭の働き、回転が良くなります

 

 

 

大事な場面や試験の前などに
(念のため場所を選んでいただいて)
ぜひ試してみてくださいね

 

 

 

 

 

 

 

 

*メニュー

ブレイクスルーメンタルセッション

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ

アスリートヨガコーチングセミナー

ライフペイジズ認定コーチ&トレーナーコース