より効果的なルーティンを見つける為に

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

本番でいつも通りの自分でいる為
平常心を保つために
結果にフォーカスするのではなく

 

 

結果をだすためのプロセスにあたる
ルーティン(習慣)に集中する
ことは大切とお伝えしてきました

 

 

その一つは、本番を想定し
1日の流れの中に
ルーティンを組むこむ事

 

 

そして、
そのルーティンを見つける上で
オススメなことがあります

 

 

それは、そのルーティンが
少しハードルの高いもの
であること

 

 

一つの能力を習得する為に
ヨガのポーズを練習する上でも

 

 

『無理するな。無駄するな。
続けてやれ』

という3原則があります

 

 

この
”無理をするな”とは

無理を発見しなさい
ということ

 

 

どこまでが限界で
どこからが無謀なのか
自分で把握しておくことは大切です

 

 

ルーティンを設定する上で
楽に取り入れられるものも
もちろん良いですが

 

 

自分の目標達成のため
自分にチャレンジできるもの
今まで取り入れていなかったこと
を取り入れてみることもオススメ

 

 

その上で、”無駄をするな”とは
活用しなさい
ということ(3原則の2番目)

 

 

自分の限界を知った上で
自分の”いま、できること”
にフォーカスし、
確実にコツコツ取り組む
こと

 

 

新たな行動を起こし、
一定の結果が出ると
脳が達成感を感じます

 

 

そしてその達成感が脳をさらに刺激し
次の行動を生むと言われます
そして、その行動が習慣化されて
いきます

 

 

小さな目標を達成し続けることで
”できる感”が生まれ、自信や
大きな目標達成にもつながります

 

 

そして、ルーティンを継続する為
理想の自分、
どんな自分に近づけるのか
をイメージしながら

 

 

 

 

始めたら何かが変わるかも!
と、ワクワクしながら

取り組んでみてくださいね
 

 

 

 

 

 

 

 

*メニュー

ブレイクスルーメンタルセッション

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ

アスリートヨガコーチングセミナー

ライフペイジズ認定コーチ&トレーナーコース