1日の中にルーティンを組み込む際、まずはじめに決めたい事

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

結果を出し続ける選手の多くは
結果をだすための行動を
ルーティンとして習慣化しています

 

 

毎日同じように過ごせば、
本番で出る結果にもブレが少なくなるというものです

 

 

例えば、1日の流れ
食事の時間や自宅を出る時間なども
それに当てははまります

 

 

そして、自分なりのルーティンを
1日の中に組み込む際、
継続
するためにオススメなこと
があります

 

 

それはまず、
朝起きる時間と
寝る時間をきめること

 

 

 

 

この時間を決めておくことで
その間のルーティンが
組み込みやすくなります

 

 

逆に、その時間が日によって変わると
ルーティンを組み込んでも
なかなか続けることが
難しいかもしれません

 

 

1日の中で、
昼間は様々なイベントや約束など
自分でコントロールできる時間は
少ないですが

 

 

朝起きる時間と寝る時間は
比較的コントロールしやすい
と思います

 

 

そして、まずはじめの一歩として
時間の設定は
これなら守れるだろうという時間
に設定するか

 

 

試行期間として、
まずは守れなくてもオッケーを前提に
いろいろ試してみるのも
いいかもしれないですね

 

 

(守れなかったら、
守れない時間がわかった!
という思考で☆)

 

 

そして、確実に一歩ずつ
進めていってください

 

 

 

 

 

 

 

 

*メニュー

ブレイクスルーメンタルセッション

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ

アスリートヨガコーチングセミナー

ライフペイジズ認定コーチ&トレーナーコース