フロー状態を再現する為にも大切な”感じる力”

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

アスリートの方とのメンタルコーチングセッションを行う際、
過去のフロー状態を再現する
(最高のパフォーマンスを発揮している状態を再現)というワークをすることがよくあります

 

 

人はスランプに入った時、
“あの時は調子が良かったのに”
“調子が良かった時、どんなふうに動いていたのだろう”等と頭で考えがちです

 

 

とはいえ、
思考に走ったり、分析を始めると、
なかなか再現が難しくなるのですね

 

 

そんな時にも瞑想の感覚が
役にたつと思っています

 

 

大事な場面、本番で 
パフォーマンスを発揮する為に
『感じる力』はとても大切です

 

 

本番で実力が発揮できている時、
大抵余計な打算、考えがなく
体が自然に反応し、行えた時

 

 

人間以外の生物は、
感じる力(本能)で生きています

 

 

 


野生の動物は、本能で感じとり、
必要なことを識別しています

  

 

私たち人間も自然の法則に従い、
感じるままに生きていたならば、

 

 

正しい選択を感覚で
選び続けていける
のだと思います

 

 

そして、
野生の動物と人間との大きな違いは

『考える』ことができること

 

 

もちろん、考えることは大切
思考があるからこそ、
文明が発達してきました

 

 

ただ、
どうすべき?
どうすべきではないか?

 

 

ばかり考え、
とらわれていると

悩みのみがります

  

 

そして、
何が必要?

ほんとうはどうしたい?

 

 

 

という本能で感じる『感覚』
を見失いがちになります

 
 


そして、もし

不都合なことが起きれば、
ただ悩み、苦しみ、やみくもに
行動するだけ 

 

  


そもそも、その考えは、

自分の経験や学んだことを
もとにしているので

視野がせまく、限界があります

 

 


その視野を広げ、
可能性を広げるのが

『感じる力』

 

 

 

感じる力は、人類が本来備え持つ
何千年の歴史
からくる叡智、知恵です

この知恵を瞑想によって
培うことができます

 

 

 

まだ瞑想を行ったことがない!
という方は
下記の記事も参考にしてみてくださいね

瞑想に入りやすくする為のおすすめの方法

 

 

 

 

 

*メニュー

ブレイクスルーメンタルセッション

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ

アスリートヨガコーチングセミナー

ライフペイジズ認定コーチ&トレーナーコース