一流選手の筋肉が柔らかいのは筋肉が回復しているから

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

一流の選手、優秀なアスリートの
筋肉は柔らかい
、といわれます

 

 

 

実際、イチロー選手の筋肉は、
お餅のように柔らかくしなやか
なのだそうです

 

 

 

これは、他の選手より約2時間早く
球場に入り、入念にヨガやストレッチ
トレーニングを積んでいらっしゃる賜物ですね

 

 

 

 

とはいえ、優秀な選手にも
筋肉が硬い選手もいらっしゃります

 

 

 

(どちらかがいい、悪いではなく)
筋肉が『硬い、柔らかい』は
回復しているか、していないか』
ということ

 

 

 

柔らかく保てるような状態を
キープ
することで
筋肉も早く発達するし、
運動能力も上がります

 

 

 

優秀な選手は、
筋肉が柔らかい時間が長く
そのために入念な回復できる運動
していらっしゃるから

 

 

 

長すぎる筋力トレーニングのみでは、
筋肉の発達は効率よく促せません

 

 

 

筋力トレーニングをしたら、
その筋肉を柔らかくし、

回復するための運動が大切です

 

 

 

私が初めて学んだヨガの先生も
筋肉がもっちもちでした^^

 

 

 

 

身近な例えで言うと、
たくさん歩いたり走った後は

 

 

 

大地をけり返した後の緊張が
腿の裏側に発生し、筋肉は硬くなり、
そのまま放置しておくと
骨盤が下がり、姿勢まで悪くなります

 

 

 

そのため、
腿の裏側を入念に伸ばしておく事は
骨格を整えることはもちろんん、

 

 

 

筋肉を回復させ、柔らかくするために
不可欠です

 

 

 

筋肉の発達や
パフォーマンスアップを促す為

筋肉が回復できる運動も
大事にしてみてくださいね

 

 

 

 

 

 

 

 

*メニュー

ブレイクスルーメンタルセッション

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ

アスリートヨガコーチングセミナー

ライフペイジズ認定コーチ&トレーナーコース