朝すっきり目覚めるために、夜寝る前の心の状態をリセットする方法

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

夜、寝る前のこころとからだの状態は
睡眠の深さ、翌朝の状態にも
大きく影響します

 

 

 

体の状態は、
ゆったりとした呼吸やヨガのポーズ
お風呂でくつろぐなどで
リラックスへと導くことができます

 

 

 

そして、心の状態も大切です

 

 

 

もし、頭の中がごちゃごちゃしている
嫌なことがあって忘れられない
納得のいかない結果や
仲間や友達、パートナーと喧嘩したなど

 

 

 

憂鬱な心の状態のとき、
睡眠は浅くなり、
大きないびきをかいたり

 

 

 

 

 

翌朝、体が鉛のように
重たく感じることさえあります

 

 


そうならない為に
その日の夜のうちに
できるだけその心の状態を断ち切り
リセットすることはおすすめです

 

 

 

その為に
『リセット瞑想』(勝手に命名)
をご紹介します

 

 

 

その方法がこちら

 

 

 

まず、安定している場所に座り
ゆったり目を閉じます
*お風呂の中でも行えます

 

 

 

そして、以下の順番で行います
①今日起こった
気になる出来事を
思い浮かべます

(紙に書きだすのも◎)

 

 

 

②その出来事によって気づいたことは?
自分に問いかけます

 

 

 

③その気づき、振り返りから
得た学び、教訓とはと問いかけ
そしてその
出来事そのもの、
相手、自分を肯定します

 

 

 

④その教訓、学びから
明日に活かせそうなことは?
自分に問いかける

 

 

 

今日起こったことに対し
振り返る→肯定する→活かす
を意識化することで
明日へ心の状態を切り替えやすくなります

 

 

 

ぜひ、活用してみてくださいね☆

 

 

 

 

 

 

*メニュー

ブレイクスルーメンタルセッション

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ

アスリートヨガコーチングセミナー

ライフペイジズ認定コーチ&トレーナーコース