自分を変えたいときに必要なことは『小さな勇気』〜アドラー心理学〜

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

”何かをする時に抵抗を感じた時
まず大事にすることは”

というアドラー心理学の教え
があります(以下)

 

 

————————————————-

 

 

何かをすることに抵抗を感じた時
ただ一つしなければならないことは、
そのことを
する(行動する)こと

 

 

いちばんしてはいけないことは、
なぜ抵抗を感じるか

分析しはじめること

 

 

考える目的とは
それは、ただひとつ、

自分を変えないため

 

 

私たちが考えているとき
今の自分を変えない為には
どうすればいいかを考えるのであって、

 

 

変えるためにどうすればれいいかを
考えているのではない

 

 

—————————————————
 

 

考えすぎず、”する”という行動を
起こすために必要なことは

『小さな勇気』

 

 

”今の自分を変えたくない”
”今の自分のままでいい”

 

 

という思いが働くと
考えばかりが先行して
変えるための行動を実行する
勇気はなかなか生まれません

 

 

とはいえ、その気持ちを
否定する必要はないと思っています

 

 

その気持ちを大事にしながら
そう感じている自分でも
できることはなんだろう?

 

 

小さな目標を立て、実行することで
身を持ってその結果を体感でき、
その繰り返しが自分にあった道を選ぶ
ことができるようになります

 

 

そして、その行動を促すために
なぜそれをしたいのか?
どうなりたいのか?
と問いかけてみることもオススメです

 

 

そして、それが
『きっと叶う』と
自分で信じられること

 

 

『”自分がせになる”
勇気をもつ』

ことも必要かもしれません

 

 

多くの方は変わりたいと思いながらも
叶うわけがない、と

自分で自分の夢や幸せに対して
ブロックしていることも多い
のです

 

 

何かを始めるとき、
自分を変えたいときに
必要なのは小さな勇気
 

 

 

自分が幸せになる事
夢を叶えることに対し

自分にオッケー(小さな勇気)

を出してあげることも
 

 
 
 
大事にしてみてくださいね
 
 
 
 

 

 

 

 

*メニュー

ブレイクスルーメンタルセッション

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ

アスリートヨガコーチングセミナー

ライフペイジズ認定コーチ&トレーナーコース