瞑想と自己愛について

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

今回の記事は、少々マニアックです^^
 

 

(左手に大好物の甘味を持っている
インドの神様ガネーシャ神)

 

 

本日は、ひとつヨガ哲学から
抜粋した文章をお届けします

 

 

(以下、ヨガ哲学より)

 

ーー

 

ーーまずは自分がどれほど利己的で
どれほど自己中心的か自覚することです

 


この事実に気づかなければ、
自己愛の狂気から抜け出すことはできません

 


瞑想を重ねていくと
他者への愛だとおもっていたものも
本当は自己愛だったのだ
と云うことがわかってきます


 

「自分は誰を愛しているんだろう?
誰かを愛しているのは
実はその人が自分の為に
なにかをしてくれる

 

自分の思い通りに動いてくれる
と云う期待をもっているからだ

 


その証拠にその人が

態度を変えたとたん愛は冷めてしまう

 

 

自分は本当にその人を
愛していたのだろうか?
それとも自分だけを
愛していたのだろうか?

 


結局、自分は自分しか愛していないのです

瞑想をすると、そのことが理屈抜きに
はっきり分かります

 


自分は自分しか愛していない

そのことが体験的に分かると、
自己中心的な自分から
抜け出すことが出来るでしょう

 


そして、本当に人を愛することが
どんなことか、分かるでしょうーーー

 

 

ーー

 

 

他者への愛は自分への愛
である

 

 

この感覚に気づいているか
気づいていないかによって
心の状態、ブレ幅は変わってくる
かもしれません

 


そして

この事実に目を向けずにいると
自分の都合でひとを捉えている
ことも多いのです

 

 

例えば
いい人だと思っていた人が、
自分にとって”都合のいい人”だったり

 


悪い人と思っていた人が、
自分にとって”都合の悪い人”だったり

 


一度自分の都合を捨てる事ができたら

他者に対してまた違った角度から
見る事ができるのかもしれません

 


そして
他者への愛は自分への愛

であると同時に

 


自分への愛は他者への愛
であると思っています

 

 

この感覚に気づいている上で
自分より大切だと思える
愛するひとができたなら

 

 

そこには無条件の愛として
相手がどんな状態であれ
相手が自分に対して
どんな接し方であったとしても

 

 

相手の幸せを願う
という幸せな気持ち、感覚に
包まれるのではないかと思います


 

それって、
とっても幸せなことですね^^

 

 

あなたはどう思われましたか??

 

 

 

 

 

 

 

 

*メニュー

ブレイクスルーメンタルセッション

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ

アスリートヨガコーチングセミナー

ライフペイジズ認定コーチ&トレーナーコース