貧乏神『金無幸子さんの教え2』 ”愛とお金について”

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 ヨガ哲学を笑って学べる本
『夢を叶えるゾウ』より

 

 

私の心に響いた
『貧乏神”金無幸子”さんの教え』
お伝えしたいと思います

 

 

(因みに、幸子さんはかなりの
色白美人という設定です^^)

 

 

 

 

アスリートの本番力とは
直接関係ないかもしれませんが
セカンドキャリアを考えるとき等に
参考にしていただけると幸いです

 

 

 

テーマは『お金』と『愛』です
 

 

 

 

お金持になるには、愛を楽しむこと

 

 

 

お客様を喜ばせる、
困った人を助ける

これは一言でいえば
他人を愛するということ

 

 

本当は、人を愛することは
楽しくて気持ちがいいこと

経験を通して
その気持ちを大きくしていくもの

 

 

 

 


(以下、幸子さんの教えです)

 

 

『他人に与えることは大事です
でも、ただ与え続ける人は、
貧乏神に好かれてしまうのです

 

 

お金持になるには、
他人に与えるだけなく、
他人から受け取らなければなりません

 

 

”いい人”というのは、
他人を喜ばせるのではなく
他人から嫌われたくない
という気持ちから

 

 

自分の欲求を押さえつけてしまう人
なのです

 

 

でも、そいう人が何かを手に入れる
ことはありません
 

 


なぜなら、

自分の欲求を抑え続けることで
どんどんん”やる気”を失ってしまう
からです』

 

 

『勤太郎さん(主人公の名前)、
自分が望んでいることを口に出してください
そして、他人を喜ばせるのと同じくらい
自分を喜ばせるようにしてください

 

 

自分の欲求を口に出すと、
他人の欲求とぶつかります
いい人ではいられなくなります


 

でも、そうやって欲求をぶつけながら
それでもお互いが喜べる道を
みつけていくこと、
それが成功する秘訣なのです

 

 

何かを手に入れることは
何かを手放すことです
そして、何かを手放す覚悟のない人が
ーー成功することはありません

 

 

 

他人を喜ばせるということは
自分を喜ばせるということ

 

 

ここに繋がらなくては
お金も愛の循環も起こらないのでは
ないかなと思います

 

 

 

自分の欲求を抑えつけることなく
自分も相手の欲求も大事にしながら
一番最良な方法を見つけていく

 

 

もし、何か自分を押さえつけて
相手に合わせてしまいやすい方は

 

 

”いい人”になりすぎず
自分の欲求も伝えてみる、も
意識してみてくださいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*メニュー

ブレイクスルーメンタルセッション

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ

アスリートヨガコーチングセミナー

ライフペイジズ認定コーチ&トレーナーコース