【アドラー心理学】自分の能力を最大限に活かすために

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

メンタルの根本的部分を担っている
アドラー心理学の
中で
好きな言葉が幾つかあります
その一つがこちら

 

 

*アドラー心理学とは
アルフレッド・アドラー氏が創始し
後継者たちが発展させてきた心理学

 

 

 

『人は何をもって生まれたかが
重要じゃない

持って生まれてきたものを
どう活かすか』
である

 

 

 

 

 

”もっと背が高かったらよかったのに”
”もっと◯◯だったらよかったのに”
というような気持ちは
誰しも一度は持つ感覚かもしれません

 

 

その気持ちは大事にしてください

 

 

その上で
『そのままでいい』

 

 

自分が生まれ持ってきたもの
そのままを大切にし、
その上で、
自分をどう活かす?

 

 

変えることのできないものを
受け入れる冷静さと心の広さ


変えるべきものを変える勇気


変えるべきものと

変えざるべきものを識別できる智慧

 

 

 

自分自身を活用する心の力
自分と向き合い、
自分自身を知ることで
培う

ことができます

 

 

 

その為に様々な経験や体験
瞑想を通して
自分自身を客観的に捉え
観てあげることも大切だと思っています。

 

 

 

『人は何をもって生まれたかが
重要じゃない

持って生まれてきたものを
どう活かすか』

 

 

自分のそのままを大事にした上で
自分をどう活かす?

の意識も大事にしてみてくださいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*メニュー

ブレイクスルーメンタルセッション

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ

アスリートヨガコーチングセミナー

ライフペイジズ認定コーチ&トレーナーコース

全てのメニュー