自分の限界を越える為に大事な目標設定の方法

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

たとえば、
”写経を
5分間で何文字書けるか
行ってみましょう”
と言われるのと

 

 

 

だた、時間制限を言われることなく
”写経を行ってください”

 

 

 

と言われるのと、あなたは
どちらがやる気が起こりますか?

 

 

 

ある実験で、制限時間を知らされずに
写経を書いた方が
その書いた文字数を数え
(例えば100文字だったとします)

 

 

その後
『今度は5分間でその文字数を
上回ってください』(100文字以上)
制限間と目標の数を
具体的にいわれる

 

 

 

ほとんどの人が記録を更新
したそうです

 

 

 

ここで大切なのが
自分の限界を知っておくことで
次の
リアルな目標を立てやすく
やる気も湧きやすくなること

 

 

 

 

そして、制限時間がある分
”ここは少し落ち着こう”
”よし、最後のラストスパートだ”
など、
ペース配分もできやすくなります

 

 

 

 

 

 

時間を設定していないのと
制限を決めているのとでは

時間の使い方、質が変わってきます

 

 

 

だからこそ、
数値などで表せる期限、目標値
など、リアルな目標設定
が大切です

 

 

 

まず、今置かれている状況の中で
自分はどれだけのことができるか
それを知ることが
リアルな目標設定のキーになります

 

 

 

その上でさらに
”いつまで?”の期限を設けることで
うまくペース配分を配慮しながら
確実にクリアしていくことができます

 

 

 

数値などで表せる期限、目標値など
リアルな目標設定、

大事にしてみてくださいね

 

 

 

そして、確実にクリア
できる感とともに
自信を育んで
みてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*メニュー

ブレイクスルーメンタルセッション

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ

アスリートヨガコーチングセミナー

ライフペイジズ認定コーチ&トレーナーコース