うまくいかない場面も”演じる”ことで楽々クリア

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

メンタルセッションにおいて
うまくいかないと感じる場面
苦手な場面
において
 

 

 

過去、うまくいった体験
五感からありありと
イメージ
その場面に
活用する場合があります

 

 


とはいえ、過去、似たような場面で
うまくいかなかった体験がない場合は
代理の人を立てて
演じる事で
すんなりクリアできることもあります

 

 


例えば、自分が苦手だと感じる場面でも
難なくうまくできそうな人
もしくは、尊敬する選手や上司

 

 

 

 

状況や場面においては
お笑い芸人や歌手
アニメのキャラクターかもしれません

 

 

 

 

そして、まずはイメージで
その苦手だと感じる場面において
ご自分が選んだ代理人(動物?)
を演じ、その人の目線で

 

 

 

どのように見える?
どのように聞こえる?
どのように感じる?

 

 

 

頭の中にはどんな言葉が流れてる?
どこに意識が向いてる?
何を信じてる?

 

 

 

五感でありありと感じていきます

 

 

 

その感覚意識して、
苦手だと感じる場面において
なりきることで
驚くほどうまくいく場合があります

 

 

 

そんなに簡単に演じられるの?
と思われるかもしれませんが、
人は皆、演じながら生きています

 

 

 

一人の人であっても
時にアスリートであり、
時に息子であり、弟(兄)であり
時に先生であり、生徒にもなります

 

 

 

演じる、ということは日常茶飯事、
皆が無意識にできています

 

 

 


もし、緊張する場面、
苦手だと感じる場面
うまく行かないと感じる場面
があれば

 

 

 

ご自分の最適だと選んだ人や
キャラクターを
『演じる』
も活用してみて下さいね

 

 

 

 

 

 

 

アスリートサポートメニューはこちら