うまくいかない時こそ自分と向き合う時間が大切

Share on Facebook
Share on LinkedIn

私自身、1日の中で
自分の感情と向き合う時間

大切にしたいなぁと思っています

 

 


1日過ごす中で、
数万個の思考は絶え間なく流れ

たとえ不安や寂しさを感じていても

 

 

 

”明日の試合は楽しみだ”
”なんとかなるだろう”
など、思考でごまかしたり
その感情を見て見ぬ振りをしがち
、です

 

 

 

そうなると、
心も体も疲れてしまいます

 

 

 

たとえば、
野菜は栄養があるから食べましょうと

”こうあるべき”という思考によって

 

 

 

”嫌い”な野菜を無理やり食べる
のには無理があります

 

 

 

嫌いなものをを
今日から好きになってください
というのに無理があるように

 

 

 

”嫌い”と感じる感情に寄り添った上で
何ができる?にフォーカス
した方が
思考と感情に一致感があり、
より心地よく取り組むことができます

 

 

 

そのままの自分が感じていることを
大事にしながら行動できる
ことは大切です

 

 

 

ヨガの視点からいう
”どんな状況も受け入れた上で
活用する方法を考える”

 

 

 

その活用能力のことを、
『愛』とも呼んでいます

 

 

 

どんな人、一流アスリートであっても
怖さや不安はあります

 

 

 

その気持ちを受け止め、
その上でどうしたいか?
を大事にすることで
より良い結果を出すことにつながります

 

 

 

 

うまくいかない現実
思い通りにならないこと
があれば、

その出来事に伴う気持ち

 

 

悔しい、つらい、
悲しい、さみしい

 

 


そんな気持ちに対して
自分に愛を持って寄り添う時間
も、大事にしてみてください

 

 

そのうえで”どうなりたい?”に対して
できることにフォーカス
して
一歩を踏み出してみてくださいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*メニュー

ブレイクスルーメンタルセッション

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ

アスリートヨガコーチングセミナー

ライフペイジズ認定コーチ&トレーナーコース