悔しい気持ち、羨望や嫉妬に対して大事にしたいこと

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

競技や人生を通して
多くの人と接する中

 

 

 

『悔しい!』
『私もああなりたい!』
『いいなー』
という気持ちを味わうこともあると思います

 

 

 

悔しい気持ち
羨ましい気持ち
嫉妬する気持ち

 

 

 

この気持ちは苦しくも感じる
かもしれませんが

大事な自分の感情の一部

 

 

 

大切にしてください
そして、存分に味わってみて下さい

 

 

 

 

 

 

この感情を見ないようにして
”そんなことおもっちゃいけない”
”笑顔でいなきゃ”
などと思うと

 

 

 

余計にその感情が
消えることなく
くすぶったまま

 

 

 

そして、その裏側にある
本当の自分の気持ち
気づくことなく

 

 

 

表面上の思考で処理したままの
『こうあるべき自分』
のままで生きることになります

 

 

 

悔しい気もち、
羨望や嫉妬を感じるのは

 

 

 

あなたが手に入れたい
と思っていることを

相手が手に入れたから

 

 

 

その感情と向き合っていくことで
それが何なのか

 

 

 

そして、
それが得られていない自分
を受け入れられる

 

 

 

逆に何がいまの自分に必要か
やるべきことや、
そのためにできること
明確になります

 

 

 

また、できていない自分を
受け入れられると
内側からの強さが沸き起こり
自信までも育まれて
いきます

 

 

 

悔しい気もち、
羨望や嫉妬を抱く感情も
大切な自分の一部
見守りながら大事にしてみくださいね

 

 

 

その上で、いまの自分に必要なものに
フォーカスして
取り組んでいってください

 

 

 

 

 

 

 

*メニュー

ブレイクスルーメンタルセッション

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ

アスリートヨガコーチングセミナー

ライフペイジズ認定コーチ&トレーナーコース