小さな”できた感”から行動を加速していくために

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

”どうなりたい?”の理想を描いた上で
”できた”という小さな体験の積み重ねが
高いモチベーションをキープさせ
より行動を促します

 

 

なので、逆にそのアクションができないと
”できなかった。。”と落ち込み
自信どころか、
モチベーションまでも下がってしまいます

 

 

そのために”いま、できること”
のはじめの一歩はできるだけ低く設定し
確実に”できる”ことをやると決める
ことも大切です

 


 

そのためのポイントのひとつは
”肯定形”にすること

 

 

”緊張しないようにする”
など否定形ではなく
緊張しないでどうなりたいのか

 

 

 

例えば、
緊張しない→
”客観的に自分を観て
受け入れる”


 

など
自分にとって緊張しないとは
どんな状態なのか

 

 

肯定形で書き変えるとしたら、
なんて書き換える?

これがはじめの一歩になります

 

 

そして、2つ目のポイントはこちら
コントロールできるアクション
かどうか、ということ

 

 

 

たとえば、
次の試合で3点ゴールする”
これは目標であり、

アクションではありません

 

 

 

 

ゴールできるかどうかは
相手次第でもあるので
100%自分でコントロールできません

 

 

はじめの一歩(行動)と目標を
混同する場合がありますが

 

 

3点ゴールするために
いまの自分に何ができるか
それがはじめの一歩になります

  

 

たとえば、
憧れの選手のビデオを見る
試合前、呼吸を整える
◯◯選手に(仲間)に声をかける

など

 

 

自分がやろうとおもったら
できること

 

 

これが2つ目のポイントになります

 

 

小さな”できた感”から
行動を加速していくために 

 

 

”できた”という小さな体験の積み重ねから
内なる自信を育てるために
より行動を加速させるために
モチベーションをキープするために

 

 

コントロールできるアクション
かどうかを意識しながら
確実な一歩を進めていってくださいね

 

 

 

 

 

 

 

 

*メニュー

ブレイクスルーメンタルセッション

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ

アスリートヨガコーチングセミナー

ライフペイジズ認定コーチ&トレーナーコース