感情はコントロールしなくていい

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

以前、ちょっとしたことで
すぐに
イライラてしまう、と
自己嫌悪に陥っている選手が
いらっしゃりました

 

 

 

それは、その感情がいけない
と本人が
思い込んでいるからですね
その思い込みがあると、
負のスパイラルに入ってしまいます

 

 

 

そもそも、
感情にいい、悪いはありません♪

 

 

起こった出来事に対して
沸き起こってくる感情は
心の
自然な反応
 

 

 

自然に沸き起こってきた
感情そのものを
コントロールすることは
できません

 

 

感情をコントロールすることは
手放していいと思っています

 

 

むしろ、そのあと、
自分がその感情を
どう捉えるか
の方が大切です

 

 

 

イライラしちゃいけない!
と思ったら、
自分のことを
否定することに
つながります

 

 

 

逆にその感情が起こったことに対し
それもいい、と思った上で
その気持ちを否定することなく
ただただ
寄り添う

 

 

 

 

寄り添うことで、その感情を
すーっと
手放しやすくなります

 

 


大事なのは、その気持ちになっている
自分に気づこと
そして、寄り添う
その上で、自分はどうしたいのか
どんな気分になりたいのか

 

 

そのままの気持ちでいたいのか
それとも、受け入れ、手放したいのか

自分の状態を選択できるかどうか

 

 

感情にいい、悪いはありません

 

 

 

たとえイライラした時も
自分の気持ちに気づき
否定することなく受け入れ、寄り添い

 

 

いつでも自分の状態を選択
できるかどうか
 

 

 

意識してみてくださいね

 

 

 

こういった日常の小さな感情の変化を
どれだけ繊細に丁寧に扱えるか、が
大事な場面で自分を活かす土台になると思っていま

 

 

 

 

 

 

 

 

*メニュー

ブレイクスルーメンタルセッション

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ

アスリートヨガコーチングセミナー

ライフペイジズ認定コーチ&トレーナーコース