アスリートが試合で結果をだす為に大事な試合当日の食事と水分補給の方法

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

試合開始までにできるだけ
エネルギーを貯え
ておけば、
パフォーマンスの低下を最小限に
食い止める
ことができます。

 

 

試合当日は、
主食と果物中心の
高炭水化物(糖質)食
をとるのが◎

 

 

試合3〜4時間前には食事を済まし
“試合開始時には、胃の中は空っぽ
でもエネルギーは満タン”
という状態が理想です

 

 

また、試合開始30分くらい前に
試合中に脱水になるのを遅らせるために
コップ1~2杯(250~500ml)程度の水分
を補給しておくのもおすすめ

 

 

 

 

試合中の水分補給は
「のどが渇く前に、こまめに、少しずつ」

 

 

 

一気に大量の水分を取ると
内臓に負担がかかるほか、

吸収されにくい状態になります

 

 

試合中は、15分~30分おきに
コップ1杯(200ml)程度
の水分補給
が目安です

*競技、個人差あり

 

 

そして、汗から失われた
水分とミネラルを補うだけでなく、
スタミナを維持するために

 

 

 

糖質も同時に摂取できる
スポーツドリンク
がベターです

 

 

 

適度に冷やしておくと
体内へ吸収されやすくなります

 

 

 

夏場は特に、
体内の水分とミネラルを多量に失い、
熱中症や足のつり、筋けいれんなども
起こりやすくなります

 

 

また、脱水による頭痛やめまいなど
パフォーマンスの低下や、
ひどい場合には死に至る事もあるので
こまめに水分補給を行うことも大切

 

 

 

さいごにもう一度。。
試合時期の食事内容は

高糖質・低脂質が理想的です

 

 

特別な食事内容に変える事で
より良いコンディションを作り出す事が
可能となります

 

 

食の力も借りて
いつも以上の結果をだしちゃって下さいね

 

 

 

 

 

アスリートサポートメニューはこちら