アスリートが本番を万全の状態で迎えるために『前日の食事』で大事なこと

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

 

 

 

本番で実力を発揮する為に
前日の食事も大切です

 

 

今回は、試合前日にオススメの
食事のポイントをお伝えしますね

 

 

シンプルにお伝えすると
①主食と④果物を多めにし、
②おかず・③野菜・⑤乳製品は
少なめに

 

 

試合前日は、どの種目においても
消化に時間のかかる脂質を控えめに
炭水化物(糖質)を多く摂る

ことがオススメ

 

 

 

 

エネルギー源となる
グリコーゲンを筋肉と肝臓に
十分に貯えておくことができます

 

 

同時に、試合に向けての
緊張感やストレスが高まるなか、
体調を整えるビタミンCも必要です
果物に多く含まれますね

 

 

また、エネルギーの代謝に必要な
ビタミンB群の摂取を意識する

ことも大切

 

 

ビタミンB群を摂る事が
持久力に関係
します

 

 

運動時の主なエネルギー源は
糖質ですが、代謝時には
ビタミンB1(胚芽米・豚肉など)
を必要とします

 

 

その他のビタミンB群
たんぱく質や脂質の代謝に関係します
(豚肉、卵、バナナ等)

 

 

 

逆に、控えた方が良いものは

 

 

 

 

 

身体を冷やし、
お腹の調子を崩す可能性がある

生野菜

 

 

 

腸内でガスを発生させ
食べ物の消化吸収を穏やかにする
食物繊維の多い根菜類
刺身などの生もの

 

 

普段から食べ慣れている食品を
選ぶようにすることも大切です

 

 

前日の夕食は、就寝3時間前
には済ませ、
ゆっくり深い睡眠も
大事にしてくださいね

 

 

 

 

他、食事についての記事はこちらに掲載しています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*メニュー

ブレイクスルーメンタルセッション

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ

アスリートヨガコーチングセミナー

ライフペイジズ認定コーチ&トレーナーコース