練習以上に結果を残す為に食事の活用方法

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

 

 

 

練習以上に結果を残す為にも

 

 

試合1〜2週間前
当日のスケジュールを
意識した食事方法を確立

しておくことはおすすめです

 

 

競技開始が何時で
競技の何時間前に食事が可能
なのか?

 

 

また、どのくらいの食事を摂れば
身体が動かしやすいのか
等を
検証・実験してみてください

 

 

過去、調子が良かった時の
食事を振り返ってみる
のも
良いと思います

 

 

また、本番1〜2週間前の
トレーニング量がハードな場合は

 

 

筋肉量を落とさないよう、
たんぱく質と糖質の補給を欠かさないことも大切

 

 

糖質が不足すると
筋肉中のたんぱく質がエネルギーとして
使用されてしまします

 

 

糖質をしっかり摂り、
動物性、植物性たんぱく質を
同時に摂る事で

 

 

たんぱく質の吸収効率を向上させて
筋量の低下を防ぎます

 

 

本番直前で体調を崩さない為に
免疫力UP効果のある食事を摂る

事も大切

 

 


粘膜を丈夫にする
ビタミンA
白血球を助けるビタミンC
これらは、
野菜や果物
多く含まれますね

 

 

また、腸内環境を整える
食物繊維(きのこ、海藻類)
発酵食品(納豆、味噌、ぬか漬けなど)

 

 

これらを意識的に摂取する事で風邪や
下痢等の不調を予防
します

 

 

 

自分に丁度あった量と質
見つけていきたいですね

 

 

 

 

 

 

 

*メニュー

ブレイクスルーメンタルセッション

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ

アスリートヨガコーチングセミナー

ライフペイジズ認定コーチ&トレーナーコース