女性アスリートの2割が経験 している疲労骨折を予防する食事

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

 


本格的に運動競技に取り組んでいる
女性アスリートの約2割が

疲労骨折の経験があるそうです
 

 

 


また、特に痩せている人は

調査時点で無月経があったり
する傾向がみられ

 

 

 

ともに過度なトレーニング
栄養不足が原因
慢性疲労から、
骨膜炎、疲労骨折を起こすケースが
急増していとのこと

 

 

女性アスリートは
運動性無月経による骨密度低下
のリスクも懸念されます

 


 

骨を強くするならカルシウム!
というイメージが強いですが、
それだけでは骨折のリスクを低減
させる事は出来ません

 

 

骨折のリスクを低減させる為には、
骨量(骨密度)+骨質
重要になります

 

 


骨密度を上げるだけで
骨が強くなるわけではありません

 

 

骨密度が高くても骨折してしまう
ケースもあるんです
強い骨にするためには、

「骨質」を上げることも大切

 

 


骨密度と骨質との両方が
しっかりしている
ことが、
骨折しにくい骨の条件です

 

 

 

そのバランスを満たす
骨を強くするために
大切な栄養素はこちら

 

 

◼︎カルシウム(骨を作る)
◼︎ビタミンD(カルシウムの吸収をあげる)
◼︎ビタミンK骨の代謝や形成を促す
◼︎タンパク質(骨密度をあげる)

 

 

主な食材はこちら

◼︎カルシウム
さくらえび、しらす干し、わかさぎ
大豆、納豆、油揚げ、豆乳、
カブや大根の葉、小松菜、ひじき

 

 

◼︎ビタミンD
鮭、さんま、いわし、干しいたけ等

 

 

◼︎ビタミンK
ほうれん草、小松菜、納豆等

 

 

 

◼︎たんぱく質
お肉、魚、大豆製品

 

 

さらに骨強度を上げるために
日光を浴びること
も大切です

 

 

 

日光を浴びると、
体の中でビタミンDが作られます

 

 

 

室内での練習が多い方は
たまに日光に浴びることも大切ですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*メニュー

ブレイクスルーメンタルセッション

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ

アスリートヨガコーチングセミナー

ライフペイジズ認定コーチ&トレーナーコース