女性アスリートに多い貧血を予防する為に大切なことは

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

女性アスリートが意識しておきたいこと

 

 

多くのアスリート、
特に女性アスリートの方が
貧血に悩まされています

 

 

 

 

トップアスリートの場合、
女性で22.5%、男性で7.5%の方の

貧血が認められています

 

 

こんなエピソードがあります

 

 

 

17歳女子陸上長距離選手が
1日約20キロのランニングを
約1年半継続してましたが
記録が伸びなくなった

 

 

生理が止まり、練習時の集中力も
低下してきたため、
病院を受診して血液検査を行った結果、
極度の鉄欠乏性貧血だった

 

 

 

アスリートが陥る貧血の種類は
大きく分けて2種類

 

 

 

◼︎発汗等により鉄分が不足してしまう
「鉄欠乏性貧血」

 

 

 

◼︎足裏の衝撃により
赤血球が壊れやすくなる事で起こる
「運動性溶血性貧血」です

 

 

 

アスリートの方々は激しい運動により、
心臓や血管に大きな負担をかける事が
ありますが、

 

 

 

貧血を放置すると負担が増大し、
心不全や血管疾患に
繋がってしましいます

 

 

 

選手寿命はおろか人生の寿命までも
縮めてしまいます

 

 

 

 

食事から鉄分をより効率良く摂取する為に

 

 

鉄分を多く含む食材を摂取する
という事は当たり前ですが、
その他にも注意しなければ
ならない事があります

 

 

 

最も重要なポイントが
「鉄の吸収率」です

 

 

 

ヘム鉄は吸収率が良ので
問題ありません

 

 

 

ヘム鉄を多く含む食品はこちら
豚・鳥レバー、牛もも肉、
しじみ、あさり、かつお

など

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、
日本人は鉄分の85%を
吸収率の低い非ヘム鉄
という形で摂取
しています

 

 

 

非ヘム鉄の吸収率を高める為に
ビタミンCと
動物性たんぱく質を
同時に摂取
することがオススメです

 

 

 

非ヘム鉄を多く含む食品はこちら
ほうれん草、小松菜、ひじき
卵黄、油揚げ、大豆

など
 

 

 

非ヘム鉄の吸収率を高める為に
動物性たんぱく質と同時に摂取
するとよいビタミンCは

野菜や果物に多く含まれます
 

 

 

 

赤・黄ピーマン、キャベツ
柿、キュウイ、いちごなど

 

 

 

鉄は、血液を作る以外に、
筋肉や骨格などの身体を構成

する組織づくりにも使われます

 

 

 

 

意識的にとっていきたいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*メニュー

ブレイクスルーメンタルセッション

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ

アスリートヨガコーチングセミナー

ライフペイジズ認定コーチ&トレーナーコース

全てのメニュー