自分の思考パターンをコントロールして、ピンチをチャンスに変える方法

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

あなたは自分の思考パターン
どれくらい気づいていますか?

 

 

 

その思考パターン、言葉を
コントロールすることで
行動、結果が大きく変わる事があります

 

 

 

そして、
場面ごとに流す言葉を準備
しておくこともおススメ

 

 

 

 

たとえは、次の3場面
『苦しい時』
『ピンチの時』
『思わぬアクシデントが起きた時』

 

 

 

それぞれの状況の時、
どんな言葉が頭に流れていますか?

 

 

 

試合中など
気持ちを切り替える為に
心を変えようとするのではなく

 

 

 

 

ウソの情報を頭にながし
脳を変えることはできます

(脳は現実とバーチャルの
区別がつかないため)

 

 

 

例えば
 『苦しい時』
つらい
ダメかも
あ〜

 

 

⬇︎

 

 

これを乗り越えたら、成長できる!
まだまだ伸びしろがある!
どんどん成長していこう

 

 

 

 

『ピンチの時』
やばい
ダメかも
大変だ

 

 

⬇︎

 

 

逆転のチャンス!
自分の見せ場が来た
自分の出番だ!

 

 

 


『思わぬアクシデントが起きた時』

もうダメだ
ツイテない
困った

 

 

⬇︎

 

 

この状況を活かすとしたら?
ツイテル!
最大のチャンス!

 

 

 

 

それぞれの場面で
頭の中に流れる言葉に気づき

プラスの言葉に変えたら

 

 

 

行動はまるで違ったものに
なるかもしれません

 

 

 

そしてその場面を想定し、
シミュレーションしておくと
すぐに活かしやすくなります

 

 

 

自分にかける言葉は、
シンプルで短い言葉が効果的であり
大切なのは、

 

 

 

その言葉をかけると
自分がポジティブになれるか
どうか
です

 

 

 

自分にあった言葉、
場面ごとに準備して
試してみてくださいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*メニュー

ブレイクスルーメンタルセッション

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ

アスリートヨガコーチングセミナー

ライフペイジズ認定コーチ&トレーナーコース