骨盤を整え、うつくしい姿勢作り【2分半ヨガ】

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

 

 

 

 

 

コアの筋肉のひとつである
腸腰筋(足の付け根あたり)

 

 

あらゆる動作で使われるため、
縮みやすい筋肉でもあります

 

 

そして、縮んでくると、
下半身の動きも鈍くなり、
パフォーマンス発揮にも大きな影響を及ぼします

 

 

今回のポーズで
下半身の動きもよくし、
胸も開いて気分も前向きに!

 

 

 

何度も行っていると、
下腹部も引き締まり姿勢もよくなるありがたいポーズ

 

 

 

1日1回伸ばしておきたいですね^^

 

 

 

 

①四つん這いになり、右足を右手の内側におきます
左膝を後ろに引いて床へおき、足の甲を寝かせます

 

 

吐きながらお腹を引き寄せ強く保ち
腰の過度な反りを守ってください

 
 
 
 
 
 
 
 
②吸いながら右手を頭上へ
吐きながら左右の腰を平行に保ちながら
腰を真下に落とし、床に近づけます

 

 
 
 
 
 
 
③更に吸いながら胸を開き、背骨を柔らかくします
*後ろへ倒れなくても構いません
 
 
 

3~5回呼吸したら、
吸いながら体を起こし、吐きながら四つん這いに戻ります
 
一息ついて、反対側もおこなってください
 
 
 
 
 
 
最後はチャイルドポーズでお休み

*そのまま寝やすいので注意
 
 
 
 
 


 

 

 

日々の生活、大事な本番で
パフォーマンスの発揮に
お役に立てていただけましたら
うれしいです

 

 

 

 

 

No.1アスリートフローヨガのご案内はこちら

 

出張ヨガKIKIYOGA主宰 喜多貴子