プルシェンコ氏が羽生結弦選手に伝えたいこと

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

フィギュアスケートの皇帝と呼ばれた
エフゲニー・プルシェンコ選手。
羽生結弦選手が幼少期から憧れ続けている
選手としても有名ですよね。

 

 

そのプルシェンコ選手が、
羽生選手に伝えたいこと、として
紹介されていた言葉を、こちらでご紹介しますね

 

 

 

(↓↓音声を抜粋)

 

 

世界と戦ってはいけません。
ライバルと競ってはなりません。

 

 

私が後悔しているのは
ある大会で他の選手に勝ちたいと
思ってしまったことです。

 

その考えに自分が負けました。

 

 

大切なのは、誰かと競うことではなく
何のために滑るのか
ということ。

 

 

 

先日引退を表明されたイチロー選手。
その記者会見で、イチロー選手は
このように語っていました。

 

 

『ある時までは、自分の為にプレーすることが
チームの為になるし、観てくれる人も喜んで
くれるかなと思っていた。

それが、ニューヨーク(ヤンキース)に行った時
くらいから変わった。
人に喜んでもらうことが一番の喜びに変わってきた。
その点で、ファンの方無くしては、
自分のエネルギーは全く生まれない』

 

 

そして、羽生結弦選手は、
東北の震災を経験した後のソチオリンピック前

 

『被災地の為に滑ろうと思っていたけれど
それは違うんだな、と。
逆に僕は支えられる立場だったんです。

応援をしっかり受け止めて演技することが
一番の恩返しだと気付いたんです』
と仰っていました。

 

 

そして五輪2連覇を達成した後、
先日の世界選手権後のインタビューでは、

 

 

『今年は自分の為に滑りたいと思っていたけど、
やはり、勝つことが自分のためだな、
ということに改めて気づき、
やっと自分らしく、自分のために勝ちたい、
と思っているのかな、思います』
と、仰っていました。

 

 

 

イチロー選手と羽生結弦選手、
なんの為に?をそれぞれに語って
いらっしゃりますね。

 

 

 

人の為に、自分の為に、○○の為に。
選手によっても、その状況、タイミングに
よって変化があり、

その時、それを意識することで
静かに燃え続ける闘志を感じられることが
大事なんだろうなと思いました。

 

 

 

そしてあなたも、よければ、
ご自分の競技や使命、夢や目標に
当てはめてみてくださいね☆

 

 

あなたは、何の為に、◯◯◯ですか?

 

 

 

 

 

 

*メニュー

ブレイクスルーメンタルセッション

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ

アスリートヨガコーチングセミナー

ライフペイジズ認定コーチ&トレーナーコース