脱・ブラック部活!選手が企画したクラウドファンディング

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

連日放送されていたアメフトの試合での出来事☆
今回の事がきっかけで、

 

 

 

スポーツの在り方、
監督と選手とのコミュニケーション、
監督とコーチとのコミュニケーション、
選手同士のコミュニケーション、など

 

 

 

様々なテーマが浮き彫りになり、
逆にこの機会をきっかけに、
時々ニュースで目にするブラック部活や
指導者による体罰の事件などが、
よりよい方向へ改善できればいいなと思います

 

 

 

昨年の夏、ボトムアップ合宿でお世話になった
畑喜美夫さんが提唱する”ボトムアップ”とは、
選手に考えさせ、認め、任せる指導法です

 

 

 

畑氏は自身の本で、指導ミッションとして、
『自主自立の人間育成』
〜自分で考えて、自分で判断し行動でき、
将来社会の中で一人でも生き抜ける人材をつくる〜

 

 


を念頭に、それが『人間力』につながる、
とおっしゃっています

 

 

 

いま、まさに求められているテーマじゃないかな、
と思っています

 

 

 

そしてこの夏、部活動チームの選手達が主導で、
主体性あるチームの研究大会を開くための
クラウドファンディングが実施され、
見事に達成されました

 

 

 

 

脱・ブラック部活! 
短時間練習で効果を発揮しているチームの研究大会を開きたい!
 

https://camp-fire.jp/projects/view/69883
 
 
 
 
 
 

https://camp-fire.jp/projects/view/69883

 
 

 
 
 
畑さんが特別基調講演として、
また、畑さんが指導している
広島の安芸南高校サッカー部の選手が
メインゲストとして招かれる予定だそうです
 
 
 
 
 
このプロジェクトは、静岡の高校ラグビー部
の選手が企画したものです
選手達だけで企画、すごいなぁと思います
 
 
 
 
 
 
この取り組みが、静岡新聞に紹介されたそうです(6/2)
http://www.at-s.com/sp/news/article/education/497213.html
 
 
 
 
 
 
そしてまた、そのチームが、
先日の静岡県総体で優勝されたそうです
 
 
 
 
 
 
初の試みの研究大会、
どんな内容になるのか、気になりますね目