調子が悪い時、調子の良い状態へと自らコントロールするために(メンタルコーチングセッション)

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 
 
海外遠征から帰国されたばかりの
羽賀選手(ウィルチェアラグビー)と
メンタルセッションでした☆
 
 
 
 
 
 
 
 
今回のテーマは、アスリートコーチングを
行う上で一番扱わせていただくことの多い
『フローの再現』
※フローとは、集中していて最高のパフォーマンスが発揮されている状態
 
 
 
 
 
調子がいい時と調子が悪い時の『違い』を
どれだけ自分で把握できていて、
調子が悪い時、どこをコントロールしたら
調子の良い状態に戻せるか、

 
 
 
  
羽賀選手とも何度かこのテーマを扱っていますが、
毎回、その時のプレーの状況などによって、
そのコントロールする部分は違っていて、おもしろいなぁと☆ 
 
 
 
 
 

 

 

 
 
 
今回決めたアクションプランがどう活きるのか、
これは実践してみないとわからないので、
次回、この検証結果を伺うことを楽しみにしたいと思います♪
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

ブレイクスルーアスリートメンタルセッションのご案内はこち