多くのトップアスリートがヨガを取り入れる理由

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

 

現在、錦織圭選手や長友佑都選手はじめ
多くのトップアスリートが
練習、試合前後に
ヨガ
取り入れていらっしゃります

 

 

スクリーンショット 2016-08-10 17.36.09

↑サッカー日本代表合宿で長友選手の指導で
ヨガをされている香川選手、清武選手、岡崎選手

 

 

 

↑本田圭佑選手

 

 

※ちなみに、サッカードイツ代表チームも
10年以上前からヨガを取り入れているそう

 

 

 

その理由は様々だと思いますが
ひとつ、汗の質から紐解いて
いきたいと思います

 

 

 

(インドの駅のホームであまりの暑さに
もう動けない犬たち  05’)

 

 

 

汗の質に
『ベトベト汗』
『サラサラ汗』

があるのをご存知ですか?

 

 

 

『ベトベト汗』は、
暑さや激しい運動により
外気から変化に対応するため
皮膚表面から一気に放出
 

 

 

血漿成分も多く含み、
においもあります

 

 

 

『サラサラ汗』は、
体の深部が温まることにより
が反応し、恒常的に体温を保つ
じっくり出ます

 

 

 

血漿のミネラルなどの成分を
元に戻すため

ほぼ水に近く、においもありません
(=ヨガでかく汗と同じ)

 

 

 

ではなぜ、ヨガでたくさんの
『サラサラ汗』をかけるのでしょうか?
理由は2つあります

 

 

 

第1は、ヨガの動きによって、
血液量が非常に増加するため
(汗の原料は血液)

 

 

 

ヨガによる筋肉の無理ない伸縮の連続
『筋肉ポンプ』として、
「還元される量」を増加させます

 

 

 

第2は、
ヨガのポーズ=
骨格筋の運動
による効率的な熱の発生
です

 

 

 

骨格筋から発生した熱は、
その周囲を流れている
血液の温度を上昇させ
深層筋(コア)と共に温めます

 

 

 

初めてヨガのレッスンにいらした方が
”ものすごい汗!
こんなに汗をかくとおもわなかった”

 

 

 

“そんなに沢山動いていないのに、
どうしてこんなに汗をかくの?”と

よくおっしゃていただきます

 

 

 

ヨガをすると汗の量が多いのは、
無理のない自然な動きにより
筋肉中の血液の量が増え、
流れも良くなるからなんですね

 

 

 

また、深層筋をあたためるため
汗をかきづらい方や
運動をあまりされない方でも、

自然と発汗してきます

 
 
 
 
 
最高のパフォーマンスを発揮する為に
 
 

 

スクリーンショット 2016-08-10 18.07.05

 

 

 

試合や練習前のヨガは
血流を良くし、深層筋を温めます
更に緊張、疲れを流し

体の軸(体幹)を整えます

 

 

 

怪我などの防止にも
つながりますね

 

 

 

あなたの汗はベトベトですか?
それともサラサラ?^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 出張ヨガKIKI 主宰

 

【出張ヨガ】アスリートフローヨガ