腰周りに負担のある競技のアスリートにオススメ☆腰周り(ギックリ腰にも◎)、背中、肩の緊張をほぐすポーズ【3分ヨガ動画】

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

 

 

 

 はじめに

 

全てのスポーツ、動作の中心は
にあります

 

 

その腰を整えるために、
腰痛を予防するために
パフォーマンスを発揮
し続けるためにも

 

 

 

日頃から腰周りをケアする動きは
大切だと思ってっています

 

 

 

その参考にしていただけると
うれしいです

 

 

 

(このポーズを通して)
背骨をしっかり使うことで

背面部全体をほぐし
全身にエネルギーが
沸き起こるため

 

 

練習前や朝の目覚めに行うと
活力が生まれ、

 

 

夜寝る前に行うと、
余分な緊張が流れ
快眠を促してくれます

 

 

 

姿勢矯正にもなりますので
肩が丸まりやす方にも
オススメです☆

 

 

 

 

 

 

 

 

動画がご覧になられない方は
下記を参考にしてくださいね

 

 

 

ギックリ腰の場合は、
下記内容、ポーズの流れより
⑥の動きを膝を閉じた状態で
左右にゆっくり3〜5往復程度倒す
だけで十分です

 

 

 

 

ポーズの流れ

 

 

腰回りの緊張 ほぐすヨガ

 

あおむけになり、
両膝を立てます

足は腰幅程度に開いてください
両手をきおつけにし、
掌を下に向けます

 

 

 

 

腰回りの緊張 ほぐすヨガポーズ

 

吸いながら尾てい骨の方から
順々にゆっくりお尻を
持ち上げていきます

 

 

 

 

腰周り緊張 ほぐすヨガ

 

可能であれば、背中の下で
ひじを伸ばした状態で寄せ合い
両手の指をくみます

 

 

*骨盤が、膝の方へ
伸びていくような感覚で、
背骨を引き伸ばします


3~5呼吸キープします

 

 

 

 

 

戻って来ましょう
両手を外し、からだの外側へ

首の方から順々に
おしりまでゆっくり下ろしてきます

 

 

 

 

 

おしりまでおりましたら、
両足の裏同士を合わせ、
背骨を休ませます

 

 

 

 

両手を頭の上に置き
両膝を立てて、
足を肩幅程度に開きます

 

吐きながら、両膝を
右側に倒します

 

3〜5呼吸したら、
反対側も倒します

 

 

※ギックリ腰の方は、
この動きを膝を閉じた状態で
左右にゆっくり3〜5往復程度倒す
のがおすすめです

 

 

 

 

 

 

最後に、両膝を胸に抱き寄せます

 

 

3〜5呼吸キープしたら、
ポーズを解き、一呼吸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

腰痛解消はもちろん、
朝、1日の活力を蓄える為に

夜、寝る前の心身の疲れをほぐす
為にも活用していただけると
嬉しいです

 

 

 

 

 

 

No.1アスリートフローヨガのご案内はこちら

 

出張ヨガKIKIYOGA主宰 喜多貴子